糖質制限ダイエット中に不眠症?! 眠れない理由は炭水化物の取らなすぎ?

こんばんは^^

MGです。

実は最近凄く不眠症で困っています(~_~;)

最初は仕事のストレスとか、
仕事のパソコンの目の光とか、
糖質制限は全然関係ないことかと思っていたのですが

完全に糖質制限が原因のようでした(´・ω・`)

 

<スポンサードリンク>

 

不眠症は糖質不足が原因

最初は糖質が原因とは思っていなかったのですが、
なんでもググる癖を付けているので、
試しにグーグル先生にご相談(検索ね)

そしたら、糖質制限中に不眠で悩んでいる人が以外にも多かったことがわかりました。

そして、不眠になるメカニズムも色々説明されていましたので、
私のブログでも紹介してみようと思います。

 

糖質制限による不眠のメカニズム

私も専門医でもなんでもありませんので、
簡単に説明します。

糖質が必要な理由は、睡眠ホルモンが作られないこと

ホルモンを作るには、血液中の”血糖値が上昇する必要がある”ためです。

血糖値が上昇すると、血糖を抑える「インスリン」というホルモンが分泌され、
この状態になると、「メラトニン」や「セロトニン」が、脳内に取り込まれます。

メラトニンやセロトニンの原材料は、「トリプトファン」という栄養素ですので、
糖質とは関係ないのですが、脳内に取り込むためには、実は「糖質」は必要不可欠^^;

「トリプトファン」だけ摂取しても、不眠を解消することはできません。

極端な糖質制限ダイエットは、この力を弱めることで
慢性的な不眠の原因になっているようです。

 

糖質不足が原因で不眠症が起こっている

私はジムに通いパーソナルトレーナーを付けて、
筋力トレーニングをしているのですが、
食事管理は自分自身でやっています。

全くの素人が真似事をやっているのと同じですね^^;

糖質さえ抑えれば痩せるんでしょ?

なんて思ったら大きな間違いでした_| ̄|○

 

糖質制限中の不眠症の解決策

簡単ですね。

糖質を摂取しましょうということ。

※食べすぎてはいけません!笑

 

糖質制限ダイエットは糖質をとらなければいいという訳では
ないということを身にしみてわかりました^^;

私の場合は取っている方だとは思うのですが、
運動量が半端じゃなかったので・・・

運動量はこのぐらい

 

不眠が起こると同時に

「めちゃめちゃ甘いもの食べたい」

という感情も湧き上がりました。

 

不眠を解消するための糖質の量と摂取はいつがいいか

糖質を取れと言っても

朝がいいの?

昼がいいの?

夜がいいの?

私のように疑問に思った人もいると思います。

 

どうやら夜がいいようです。

もちろん夜に食べるものは軽くするというのは、
ダイエットの基本中の基本ですね。

ですので、多少多くするというか

普段ご飯を100グラム摂取ぐらいに調節している人であれば、
130グラムにするなど

その代わり他の時間の食事を調節するなどして、
一日の摂取量で調整してみてはどうでしょうか?

糖質とらないと・・・

なんて言っていきなりラーメンなんて食べないようにw

私のパーソナルトレーナーにも相談してみましたが、
やはり糖質を取るのであれば断然米からがいいということでした^^

夜がいいという理由は寝る時間に近い夜に糖質を摂取して、
脳に十分な糖質を送るためですね。

 

痩せても健康じゃなければ意味がない

当然ではありますが、
いくら痩せても反動で体を壊してしまっては意味がありません。

健康になるためにダイエットを始めたのに、
ダイエットが原因で体調を崩すっておかしな話です。

ライザップなど専門的な人にお金を払って管理してもらうわけでなければ、
やはり知識のない人が体重を落とすってかなり大変だし、
リスキーなことだと思います。

2ヶ月で10キロ落とそうなんて、
誰にでもできたらライザップなんていりませんよね。

自分自身にあったペースで無理のないダイエットを心がけましょう。

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ

コメントを残す

サブコンテンツ

<スポンサードリンク>




<スポンサードリンク>




このページの先頭へ