逆流性食道炎の発見が遅れたのはダイエットが原因

胃カメラをして、まさかの逆流性食道炎だったのですが、
発見が一年以上かかってしまいました。

ポリープまでできてかなり焦る事態となったのですが、
そもそも発見が遅れてしまったのはダイエットが原因です。

 

<スポンサードリンク>

 

逆流性食道炎のサインは胸焼けだったと思う

実は結構前からご飯を食べたときの胸焼けがひどいなと感じることが多々ありました。

米を食べたときなんですけど、食道あたりが熱くなるというか、
グワーって感じです。

これって胃から食道に胃酸が漏れ出て、
食道を痛めていたってことですね。

でも、年齢が30を過ぎてから体に色々変化が起きてきたので、
勝手に年齢のせいだと思っていたのです。

勝手に決めつけないで、何か変化があれば調べたり、
医者に相談するということがとても大事なことだと思いました。

 

 

糖質制限ダイエットによって発見が遅れてしまう

しょっちゅうダイエットをはじめてはやめての繰り返しをしているのですが、
糖質制限は炭水化物を取らないことで結果が出やすくて、
米を食べなくなったことで胸焼け自体もあまりしなくなったので、
気にしなくなりました。

しかし、これが結果的に逆流性食道炎の発見の遅れに繋がったのだと思います。

ダイエットは悪いことではないんですけど、
やはり普通の食事もたまには心がけるということも必要かなと思います。

 

胸焼け以外は一切症状がありません

そもそも喉が痛いのが全ての始まりだったのですが、
胸焼け以外は一切症状がありませんでした。

よく寝ている時に胃酸が上がってくるなど聞きましたけど、
耳鼻科に行って喉を見てもらって胃に原因があるのでは?

と、言われるまでは自分が逆流性食道炎だとは疑いもしません。

胃カメラが嫌で半年逃げていましたけど、
やっぱり医者の言うことは聞くもんですねw

 

なんでも早期発見が一番

逆流性食道炎に限らずですけど、
早期発見が一番いいです。

今回の逆流性食道炎も発見が遅くてポリープが出来てしまっていました。

結構前からだったと思うので、
余計な心配をする必要が無かったですからね。

なかなかちょっとおかしいぐらいでは病院には行きづらいんですけど、
やはり体の内側のことですので目に見えません。

胃カメラも今では鼻からやってもらうタイプもありますし、
全身麻酔で寝ている間に終わるなんてパターンもあります。

酷くなる前に一度診てもらいましょう。

死ぬよりはマシですから^^;

そう思うと何でもできますよw

 

 

 

 

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ

コメントを残す

サブコンテンツ

<スポンサードリンク>




<スポンサードリンク>




このページの先頭へ